Dear diary

昭和、平成、令和、三時代を生きる自然楽人。

平成最後にできた友達と令和にできた最初の友達。

左からげんき、りゅうせいくん、おおしん。この写真が好きで、改めて3人のことを考えてると色んな色が見えてきました。

f:id:hb20062006:20190518195603j:plain

「げんき」この人を色で例えるのはかなり難しいです(笑)しいて言うならカラフルなんです😁単色ではなくきっと虹のような色。本能で生きていてやりたいことはやり、言いたいことは言う、きっと直球で勝負するピッチャーなんじゃないかなと思います。でも決して強い球ではなく、ふと何かに気づかせてくれるような柔らかな球が優しく胸にあたる、そんなピッチャーかな😊清らかに澄んでいて優しく強い、カラフルっていう自分だけの色を持つ器用な人だと思います🌈だからこそこの白シャツは、何色でもなく何色にも染めてみてください!的な😉
「おおしん」この人を想うとき、カラーはいつも青です!絶対青!冷静で穏やか。でも感情は豊かで決して本能を隠しているのではなく、ちゃんと出すんです。でも僕と一緒でちょい不器用かもしれません。そんなおおしんがなぜ青なのか、それはこの写真を見て気づきました。おおしんの青はこの青空の青なんです。全てを包み込む優しい青空の青なんだとわかりました、この写真でもこの青空に目が向くようなあえて添えられた黒シャツは偶然であれナイスです😄
太陽のげんきと青空のおおしんがいつも一緒に存在している、そんな雰囲気かな(笑)
「りゅうせいくん」実はまだりゅうせいくんとは会ったことはありません(笑)ですがこの写真はりゅうせいくんが撮った写真😊(もちろん掲載の許可はもらいました)そう!実はげんきとおおしんとりゅうせいくんが北海道で過ごす最後の夜のタイミングでりゅうせいくんインスタをフォローしてつながりました😄げんきとおおしんの信頼する人だから安心して間違いない!と勝手に思い😄きっと彼はこのシャツのような赤なんじゃないかなと。強くて情熱的で、でもこの優しい黄色にも、カラフルなげんきや青空のおおしんにも溶け込む赤。自我が強い赤ではなく、まわりにちゃんと優しい赤。僕が持っていない赤だからこそ僕はこの人に興味を持ったのかもしれません😁
この写真はほんとうにそれぞれの人物を表現したバランスのいい写真だなと思います📸
いつかここに並べるような人になれたらなと思ったりしています😊

希望の光

あいつが去り、はや半年が過ぎました。

何もなくなった僕に射した「希望の光」。

f:id:hb20062006:20190420135758j:plain

一眼レフ、ゴープロ、編集用のノートパソコン、色々揃えて映像や音楽を作って行きたいという目標が出来ました(^^)


今日も誰かと出会い
熱い未来を語り
そして  同じ夢を描き  日が暮れて  星は輝き
いつか重なる舞台でこの続きをしようぜ
さっきまでは他人同士  今は大事な友達

与えられたものがすべて。

与えられたものがすべて。

 

僕は今までずっとそう信じてきた。

後輩たちにもそう伝えてきた。

 

与えられた状況の中でやるしかない、と。

 

でもここにきて揺らいでいる。

 

与えられた状況から、殻をぶち破って、自ら何かをつかみとる方がもっと自由でもっと強くなれるんじゃないかと。

 

結局守りに入っていただけなのかな。

魔法のカケラ。

手の平サイズの小さな魔法のカケラ。

 

こいつは少し離れた場所にいる後輩や、芸能界のお知り合い、南半球の友達、いたる所からメッセージを運んでくれる。

 

知りたい事はなんだって教えてくれる。

 

知らないワード、見たい映画の予告動画、行ったことのない街の景色さえも。

 

携帯ってすごいですよね。

思いの旅に。

40。色々考えます。

このままでいいのか、でも行動起こすこともできず、歯がゆいし。

周りは皆どんどん進んでいくように感じます。

 

思いの旅に出ないと。

考えることが必要。そのために時間が必要。

 

誰も知りたくない一般人の日常を公開しまくってる場合ではないかもしれませんね。

 

人生80年と考えたら、もう折り返し地点。

 

来年は勝負の年にしないといけません。

その先どう生きていくかをしっかり決めた地盤を固めないといけません。

もう遅いくらいですが。

 

来年一年は何かを終わらせ、何かをスタートさせる一年にしないと!です。

 

外は嵐です。

でも出ないといけません。

思いの旅に。