読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦時中、墜落する飛行機に乗っていた

昨夜の夢。

 

飛行機に乗っていて窓の外を見ていると、他国の飛行機が僕の乗った飛行機を取り囲み、ついに墜落を始め、パニックになった機内。

 

窓の外を見ると、同じく墜落してゆく何機もの飛行機が見えていた。

 

地面が近くなり、ふいに

 

「死ぬのかな?」

 

と誰かに問いかけると、

 

「そら、死ぬやろ」

 

しかし、機体はゆっくりと不時着。

 

機長が振り返ると、機長は香川照之さんだった。

 

そこで目が覚めた。

 

なんだこりゃ。

 

夢はいつもこんな感じだが、鮮明でいて実にリアルだ。