夏の空に架かる虹のように。

とてつもなく不安になるときがある。

淋しくなる、という方が正解かな。

 

楽しい時間が過ぎ去る時に、いつもこうだ。

 

後輩と楽しく食事をし、送って行き、空っぽになった車でひとり帰宅する時なんて特に苦手だ。

長い休みが終わる夜。

旅行に行き、向こうの空港で座って待っている時なんて、ギリギリ泣いてない状態くらいをキープするのに必死だ。

 

変化に弱いのだ。

人と離れるのが苦手なのだ。

「じゃぁ」の後には「また」を必ずつけたいのだ。

 

大切に思えば思うほど、ちょっとしたすれ違いがツラい。

 

夏の空に架かる虹のように、すぐに消えてしまいそうで、儚い。

 

今、毎晩「いのちの車窓から」というエッセイを読んでいる。

なんだか僕によく似た感情を持った人が書いていて、ほんとうに不思議な本だ。

 

今宵は、LINEの返事は、やめておきます。